【ウクレレ道場】

ウクレレ道場で練習すればいつでもどこでも好きな時に弾けてメキメキ上達! 動画を見ながら練習できるインターネット教室。楽譜・楽器情報、ウクレレミュージシャン情報などたっぷりお届けするウクレレ専門サイトです。ウクレレが初めての方の最初の一歩、独学で行き詰った方の手助け、もっと上を目指す方の道しるべ・・・それがウクレレ道場です!

HOME | 階級別練習場 | 茶帯練習場 | 【茶帯】右手のストロークとフィンガーシェイカー

ストストロークの上達

 ウクレレって意外と難しいのが右手のストロークです。シャカシャカ格好良く弾けると気持ちいいんですよね。ウクレレの場合右手のストロークの事を【ストラミング】とも言いますが、同じことです。ウクレレっていう楽器、伴奏に適してる楽器という強みがあるわけですから、この伴奏に使うストロークやリズムをしっかりやった方が格好良く弾けます。
 右手はどうやって弾いたらいいですか?どうやったらリズムが良くなりますか?という質問を受けることが多いんですけど、大事なのは手首ですね。手首を柔らかくしてリズムに乗ってシャカシャカ動かすのが出来ればこの問題は解決するんですけど、なかなかこのコツがわからないようです。
 

 

右手のトレーニングにもなるシェイカー

 この動画で紹介している「フィンガー・シェイカー」実は右手のストロークのトレーニングにも役立ちます。この「フィンガー・シェイカー」は手首を柔らかくしてストロークが出来ないと上手く音が鳴りません。右手のストロークが良くない人はウクレレもちゃんと鳴っていないということになります。マラカスっていう楽器ありますよね。あれと同じ感じです。これの場合はストロークしながらシャカシャカ鳴らすわけです。

 
 
 ウクレレの弾き語りをしながらこの「フィンガー・シェイカー」を使えるようになるとリズムも良くなります。単なるリズム楽器のおもちゃと思わずにストロークのトレーニンググッズと考えて使ってみましょう。自分のストロークが如何にカチカチなのかがよくわかります。

 

かわいいビジュアルではありますが、ウクレレを弾きながら使うのにピッタリのサイズと重量。心地よいリズムができます。ぜひチャレンジしてみましょう!ストロークが上手くできているかをチェックするのにもオススメのグッズです!
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |