【ウクレレ道場】

ウクレレ道場で練習すればいつでもどこでも好きな時に弾けてメキメキ上達! 動画を見ながら練習できるインターネット教室。楽譜・楽器情報、ウクレレミュージシャン情報などたっぷりお届けするウクレレ専門サイトです。ウクレレが初めての方の最初の一歩、独学で行き詰った方の手助け、もっと上を目指す方の道しるべ・・・それがウクレレ道場です!

HOME | ウクレレ達人伝 | ウクレレ・オーケストラ・オブ・グレート・ブリテン

ウクレレ・オーケストラ・オブ・グレート・ブリテン

 ザ・ウクレレ・オーケストラ・オブ・グレート・ブリテンは素晴らしいイギリスのウクレレグループです。残念ながら、まだ直接演奏を見たことは無いのですがYoutubeで彼らの演奏を見ることが出来ます。最高に楽しいステージ。演奏&アレンジも言うことなし。日本でもこんなオーケストラが出来たら良いんだけど、このセンスはなかなか真似できません。
 

ザ・ウクレレ・オーケストラ・オブ・グレート・ブリテン (The Ukulele Orchestra of Great Britain)は、1985年に結成したイギリスウクレレ音楽集団。1985年にイギリスのロンドンで「ウクレレ・アンサンブルで古今東西の楽曲を演奏するグループ」として結成された。以後、20年以上活動を続け、ロイヤル・フェスティバル・ホール、グラストンベリー・フェスティバルといった地元だけではなく、アメリカ、カナダ、日本などでも積極的にライブを行っている。ウクレレ・アンサンブルという音楽性とは裏腹に、服装はアロハシャツではなく、男性は全員揃いの蝶ネクタイにタキシード、女性は黒のイブニングドレスと正装している。デビュー当時は、自作の「フライングVウクレレ」を披露し、話題を集めた。メンバーはそれぞれテレビや舞台などでの音楽製作などでの長いキャリアを持ち、自らのライブではそのキャリアで得た音楽性を生かして、楽曲をリアレンジして演奏する。有名なところでは、ケイト・ブッシュの『嵐が丘』 (Wuthering Heights) をスウィング・ジャズ風に、チャイコフスキーの『金米糖の踊り』(Dance of the Sugar Plum Fairy) やセックス・ピストルズの『アナーキー・イン・ザ・U.K.』 (Anarchy in the U.K.) をサイモン&ガーファンクルや映画『黒いジャガー』のテーマ曲風に、といった次第。また、デヴィッド・ボウイの「Life On Mars?」、フランク・シナトラの「マイ・ウェイ」、スティーヴィー・ワンダーの「For Once in My Life」、ザ・フーの「恋のピンチ・ヒッター」などの数曲を混合し、メドレーに仕立て上げるという荒業もこなす。二人羽織、三人羽織ウクレレパフォーマンスは彼らのライブでの定番メニューになっている。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

 
 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 |