ウクレレ道場ウクレレ道場

ウクレレ道場で練習すればいつでもどこでも好きな時に弾けてメキメキ上達! 動画を見ながら練習できるインターネット教室。楽譜・楽器情報、ウクレレミュージシャン情報などたっぷりお届けするウクレレ専門サイトです。ウクレレが初めての方の最初の一歩、独学で行き詰った方の手助け、もっと上を目指す方の道しるべ・・・それがウクレレ道場です!


 
 

ウクレレソロの楽譜にスタンプ!

ウクレレソロのTAB譜をビジュアル化!

認識しにくいポジションをメモ。

 ウクレレの楽譜の中~上級者向けとなると、押さえるポジションはかなり難しくなってきます。初心者向けのソロの楽譜は押さえるポジションが3フレット~5フレット程度までであるのに対し、中~上級者向けはかなりのハイポジションまで使用することになります。10フレットや12フレットあたりを使うことも出てきますから、そのポジションをすぐに認識するのが難しくなります。ウクレレソロを弾く際にこの難度の高いポジションをTAB譜、五線譜、コード名で認識できるようになることが望ましく、練習によってポジションを覚えこんでしまう事が今後のテーマとなりますが、少しでも早く難易度の高い楽譜を弾きこなせるようにするために、12フレットまで対応したスタンプを使う事は大変有効です。
 
 12フレットまでありますから中~上級者にとって使いやすく便利ですが、初心者でも基本コードのポジションをメモするために使用することもできます。スタンプサイズはやや大き目で、老眼で細かな文字が見づらいという方にも分かりやすいスタンプです。
認識しづらいポジションの補足に活用して下さい。ウクレレソロの難しさが大幅に緩和されます。
 
※視認性をよくするためにスタンプサイズはやや大きめの横55mm×縦15mmになっています。スタンプはゆったり空いているスペースや練習ノートなどに押してご利用いただくと良いでしょう。
 
 例えば次のようなハイポジションを多用する楽譜の場合、慣れていてもポジションを認識するのが難しくなります。TAB譜を認識しやすいようにスタンプでビジュアル化して練習すれば効率よく練習ができるようになります。

 

ウクレレのスケールを覚えたい方の使い方

TAB譜で使用されている音の場所をビジュアル化する

 ウクレレソロを弾く練習をしている方はこのコードスタンプを使ってTAB譜のポジションをメモして認識しやすくしてください。すべての和音をメモするのではなく、なるべくわかりにくいところだけをメモするようにしましょう。
TAB譜に記載されている和音は必ずしもコードの押さえ方そのままでは無いことが多々あります。単純に一覧表に表記されているコードを押さえているだけならコードを覚えてしまえばよいのですが、多くの場合コードにメロディー音が追加されていたりするので認識が難しくなります。また普段使わないようなテンションコードが記載されていることもありますから、そんなときにスタンプを上手に使えばスムーズに弾けるようになってきます。

ウクレレ専門通販サイト

いつものAmazonで