ウクレレ道場ウクレレ道場

ウクレレ道場で練習すればいつでもどこでも好きな時に弾けてメキメキ上達! 動画を見ながら練習できるインターネット教室。楽譜・楽器情報、ウクレレミュージシャン情報などたっぷりお届けするウクレレ専門サイトです。ウクレレが初めての方の最初の一歩、独学で行き詰った方の手助け、もっと上を目指す方の道しるべ・・・それがウクレレ道場です!


 
 
 

ウクレレ用アンプ

あとはアンプがあればどこでも演奏できる

 ピックアップの準備が出来たら、あとはアンプさえあればいつでもどこでも演奏できるようになります。 アンプは様々なメーカーから発売されていますから色々試して自分が納得いくものを購入されると良いでしょう。
 
 しかし、楽器店に入ってウクレレをアンプにつながせてもらって試しに弾いてみる・・・というのはかなり勇気がいりますね。そんな恐ろしい事できません。そもそも、楽器屋さんが販売しているアンプはエレキギター用のものが多く、ウクレレとの相性は全く良くありません。ウクレレはアコースティック楽器ですから、基本としてアコースティックギター用のアンプを使うことになります。好みはあるでしょうが、エレキギターのアンプとアコースティックギターのアンプは全く違います。足漕ぎスワンボートとモーターボートくらい違いますからね!
という事で、そんな内気なウクレレラバーズのために、ウクレレ道場では「このアンプなら間違いなし!」というものを紹介します。

YAMAHA THR 5A

Natural Acoustic Tone

ウクレレのアコースティックサウンドに相性が良い音の広がりのあるアンプです。小型で持ち運び便利。小さなアンプなのに驚きの音質。なんと電池でも使えるのでどんな場所でもすぐに演奏できるのがうれしい。

THR5Aは、アコースティックサウンドに特化したアンプです。
高品位なエフェクトを搭載しており、自宅では生音で弾いている人も、ステージで最高の気分で演奏できます。もちろん自宅での練習に使っていただいてもOK。持ち運び便利でファッショナブル、アンティーク感のあるデザインはウクレレにピッタリ!
 
チューブアンプの持つレスポンス、優れたエフェクト、ハイファイなステレオサウンド(左右2スピーカー内蔵)をコンパクトなボディに搭載。5種類の新開発VCMアンプタイプとヤマハ ハイエンドミキサー譲りのエフェクトによるリアルなサウンドと、ヤマハの誇るハイファイオーディオサウンドをこの一台で再生します。
USBインターフェイス機能、バッテリー駆動、チューナーなど必要な機能が詰まっています。
 
出力は10W(5W×2スピーカー)大出力ではないので、大きな会場ではTHRからマイクで音をさらに増幅させるかラインでつないでPAにつなぐ必要がありますが、キャパシティ20~30人程度のステージならこれだけでも大丈夫です。
AUXがあるのでスマホやIPADに収録した伴奏音源などをこのアンプに繋ぐことが可能。ひとりでウクレレバンドが出来ます。
 

FISHMAN

LOUDBOX MINI

出力が60Wあるので、そのままPA無しでライブにも使えます。マイクの入力もあるので、このアンプ1台で演奏とボーカルに使えてしまう優れもの。同価格帯では明らかに抜きんでた音量と音質。プロのウクレレプレーヤーもこれひとつでライブをやってしまうほどの優れものです。

これは凄いですよ!!!ウクレレにもアコースティックギターにも最高のアンプです。マイク、ギターそれぞれ独立した入力、コントロールを備えた弾き語り用アンプ。コーラスとリバーブも備え、この一台で高音質ライブを実現します。
 

出力は60Wで大きな音が出せます。
 
トータルバランスに優れた良い製品です。同価格帯では、段違いの高音質で、自然な音の再現性と、音の臨場感音が前に出てくる感じが抜群!!癖もなく、生音がそのまま増幅されるます。小規模なライブやオープンマイクイベントなどに問題なく使える音量で、ボーカルのマイクも綺麗に出力してくれるので、弾き語りに最適です。内蔵されているエフェクトはリバーブとコーラス、ボーカルはリバーブのみですが(逆にそれ以上は必要ありませんが)、素晴らしい出来なので、エフェクターを別に使う必要も無いでしょう。プリアンプも必要ないので、ウクレレ&ギターからダイレクトに繋ぐだけで充分使えます。(もちろんプリアンプを通して繋いでもオッケーです。)
 
さらに、DIアウトがついてるので、そのままPAに持っていけば大きな会場でも使えますね。ココは素晴らしい。ということは、アンプをモニタとして使えますから、ステージ上で自分の音をしっかり確認しながら演奏できると言うことになりますね。ウクレレイベントでよくあるのが、自分が弾いている音が全く聞こえず、どんなことになってるのか不安・・・というシーン。ボクもこの状況になったことがあり、恐ろしくて演奏に気が入らなかったことがあります。そんな時にこのアンプがあったらどんなに良かった事か・・・。
 
それともう一つ。AUXがあるのでスマホやIPADに収録した伴奏音源などをこのアンプに繋ぐことができるわけですね。つまーーーーり、ひとりでバンドが出来ちゃうってことです。