ウクレレ上達の早道!無料メトロノーム

ウクレレ道場で練習すればいつでも好きな時間に弾けてメキメキ上達!
動画を見ながら何度でも繰り返しレッスンできるインターネットウクレレ教室開講中。
無料動画レッスンも大好評!楽譜・楽器情報も豊富なウクレレ専門サイトです。

black_line.gif

BENRI.gif

ウクレレ上達の早道「メトロノーム」

ウクレレの練習をするときにとっても役立つツールをお教えします。それがメトロノーム。
そうそう、あの「カッチンコッチン♪」と鳴る機械です。昔音楽教室なんかにおいてありましたよね。実はこのメトロノームで練習するのはとっても大事なことなんですね。このメトロノームの使い方ですが、工夫次第で色々な練習に利用できます。

「メトロノームを買うのはちょっと・・・・」と思っているあなた!そんなあなたのために役立つのがパソコンで使うメトロノームです。下記の画像をクリックしたらすぐにデジタルメトロノームが起動します。使い方は簡単。直感的にわかるはずです。
※パソコンの環境によっては動かないこともあるかもしれません。
※インストールするソフトではありませんのでパソコンに影響はありません。 

metoro.jpg

まず、代表的な使い方が「リズム練習」です。

メトロノームを使って正しいリズムを身につける練習を行います。メトロノームが刻むリズムに合わせて丁寧にリズムレッスンを日々行えば正しいリズムが身につきます。でもこれはほんとに地道な練習。毎日毎日5分でも10分でも繰り返し続けることが大事です。

「メトロノームの使い方がわからない!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、最初のうちはメトロノームの音を聞きながらそれに合わせて音を出すことです。

例えば、ソロを弾く人ならまずメトロノームに合わせてメロディーを口ずさむ。何度かそれを繰り返して、次にこれを実際に楽器を使ってメトロノームに合わせて弾く。何度も何度も同じフレーズを(短めのフレーズで反復練習する)弾きます。退屈な練習ですが、こういったことを繰り返していくことが大事です。

次にお教えするのがウクレレ初心者にお勧めの使い方です。

例えば苦手なコードがあったとしますよね。大体、苦手なコードと言うと「パッと押さえられない」ということになりますが、その苦手なコードと楽曲中に出てくる別のコードを組み合わせて練習します。(例: B♭ + F というような組み合わせ )

2つのコードをメトロノームに合わせて繰り返して弾いてみましょう。最初はゆっくりしたスピードからはじめて、少しずつスピードをアップします。これをやっていくと苦手なコードが必ず克服できます。

LinkIcon※関連記事 >>>>>  苦手なコードの克服方法

初心者の皆さんがうまくウクレレが弾けない!という最大の理由が「コード」です。どうしても苦手なコードの部分で止まってしまう・・・というのが多く、なんだか上手く弾けない・・・嫌になる・・・へこむ・・・やめたくなる・・・・ってなりますね。コードが苦手なのは手が慣れていないだけです。
今までの人生でこんな変な形に指を曲げたことがないわけですから、思ったようにコードが押さえられないのは当然です。

このメトロノームを使ったコードレッスンは初心者の皆さんにとって役立つはずです。ぜひ挑戦してみてください!!

700baner.png700baner.png

1234