ウクレレ道場ウクレレ道場

ウクレレ道場で練習すればいつでもどこでも好きな時に弾けてメキメキ上達! 動画を見ながら練習できるインターネット教室。楽譜・楽器情報、ウクレレミュージシャン情報などたっぷりお届けするウクレレ専門サイトです。ウクレレが初めての方の最初の一歩、独学で行き詰った方の手助け、もっと上を目指す方の道しるべ・・・それがウクレレ道場です!


 
 
 
 
 

 

MAHINA-KUAHIWI(マヒナクワヒビ)&SUIKA(スイカ)

楽しさ200%!見なきゃ損!!

マヒナクワヒビさん、このおじさんは最高に面白いです。笑いのセンスがGood!替え歌をネタにしつつも、しっかりした演奏でライブパフォーマンスを見せてくれます。一度ライブを見たらクセになりますから食べ過ぎておなかを壊さないようにしてください。
かつてマヒナさんがリーダーで活動していたグループNUDO(なんさまウクレレ同好会)。その頭文字をとって、ヌード!脱いじゃうヌードじゃありません。熊本を中心に活動していた伝説のウクレレバンドです。
「あ・そ・こ・ど」は「あぎゃん、そぎゃん、こぎゃん、どぎゃん」という熊本弁をテーマにしたユニークな曲です。
 

マヒナクワヒビプロフィール

★ウクレレ弾き語りパフォーマー
★得意技:MC
伝説の番組「イカ天」(三宅裕司のいかすバンド天国)に出場。
H.6 熊本に移住
H.6~H.15 ラジオパーソナリティーを務める
RKK「おー!わらナイト」に出演し、藤本一精氏長船なお美氏キムカズと共演する。
H.14~H.24 ウクレレバンド「NUDO」のバンマスとして年5~10回のLIVE 活動を行う。
毎年「ペイあのプラス」にてソロライブを行う。
RKK「音楽山盛り」 NHK「クマロク」にTV 出演。
H.24~ ソロ転向後の主な活動
ウクレレピクニック(横浜)2 回
キャナルシティハワイアンホリデー(福岡)3 回
くまレレ(熊本)4年連続出場中
 

主な音楽活動

NUDO
Album/「ギリギリ賞味期限」

MAHINA-KUAHIWI
ソロ転向後は様々なウクレレイベントに出場。またソロライブ活動も行っている。2016年熊本地震での出来事を曲にした「ウクレレ弾きながら・・・」を収録。初のお披露目はくまレレのステージ。様々な想いが会場の観客の心に響き涙なしには聴けない曲となった。地震が続く中、卓録で作られたCDはあの日を忘れないために関係者に配られた。
 
熊本地震後にやっとの思いでウクレレを探し出し、教室に行かれた生徒さんと先生の本当のエピソードソング 「ウクレレ弾きながら」

達人インタビュー&ライブ映像

ライブ直後のインタビューです。

マヒナクワヒビ

笑いだけではなくクールな演奏もバッチリ決めるマヒナクワヒビ。まさしくウクレレパフォーマー。

ウクレレユニットスイカ

ウクレレユニット「スイカ」 結成9年目のウクレレを中心としたユニット。
「昭和の残り香がする大人の学芸会。ウクレレの腕はなかなか上がりませんがウクレレの楽しさをお伝えできれば幸いです」との事ですがスイカファンが多いのも事実です。ウクレレトッププレーヤーの中にもスイカファンは多く、そんなトッププレーヤーと一緒にステージで演奏し歌うスイカのメンバーは素晴らしいウクレレユニットです。
歌あり、ダンスあり、笑いあり、もちろんウクレレもあり!そんなウクレレユニット「スイカ」のメンバーも全員熊本在住。頑張る女性ウクレレグループをこれからも応援していきたいと思います。

 
すいかinくまレレピクニック Hey Mr. Postman & 年下の男の子

熊本地震からの復活。

 2016年4月14日、熊本で起こったマグニチュード6.5の大きな地震。さらに追い打ちをかけるように起った4月16日のマグニチュード7.3の大地震。ご存じのようにそれ以降も毎日毎日揺れ続けた熊本。実はこの日、マヒナクワヒビのライブが福岡で開催される予定でした。しかし参加者、メンバーが全員熊本在住で被災し当然ながらライブは中止となりました。それからちょうど半年、マヒナクワヒビ復活ライブが開催されました。

ウクレレと笑いがパワーになる。

 まだ熊本はあの地震から復興したわけではありません。ブルーシートに覆われた家、倒壊したままの街並み、仮設住宅で暮らす多くの方々。がれきの撤去もできない住宅。9月~10月に追い打ちをかけてきた台風被害。いつもの暮らしが戻るまでまだ時間がかかるでしょうが、少しずつ前に進めるように・・・。ウクレレで心を癒し気持ちをやわらげ、笑うことで辛さを一時でも忘れさせることができるマヒナクワヒビとスイカのメンバーはまさしくウクレレ達人です。