ウクレレ道場ウクレレ道場

ウクレレ道場で練習すればいつでもどこでも好きな時に弾けてメキメキ上達! 動画を見ながら練習できるインターネット教室。楽譜・楽器情報、ウクレレミュージシャン情報などたっぷりお届けするウクレレ専門サイトです。ウクレレが初めての方の最初の一歩、独学で行き詰った方の手助け、もっと上を目指す方の道しるべ・・・それがウクレレ道場です!


 
 
 

ウクレレのコードをどんどん覚えよう!

弾き語りがウクレレの腕前を上達させる!

ウクレレは楽しいですか?皆さんはウクレレでどんなことを練習していますか。弾き語りを楽しんでいるひと、ウクレレソロを頑張っているひと、Youtubeでジェイクシマブクロの演奏を見ながら見よう見まねで練習している人など、楽しみ方は人それぞれです。ウクレレは楽しめばいいんです。こうでなきゃならない!ってこともウクレレ道場では言いません。好きにやっちゃってください!では、さようなら!!
 ここはウクレレ道場ですから、そういうわけにもいかんのです。皆さんのウクレレ演奏の上達のためにもここは厳しく鬼コーチと化してビシバシと鍛えます!(いや、そんなに厳しくないですけどね)で、今このページをご覧の方は青帯(準初級者)なわけですから、まだバリバリウクレレ弾けます!というわけじゃないですよね。そんな方にお勧めしたいのは絶対的に「弾き語り練習」です。そのために必要なことはコードを覚えることです。

コードを覚えること、覚えるための練習方法を取り入れること。

コードの数はいくつくらい覚えたでしょうか?少しでも多くのコードを覚えた人とコードを全く覚えていない人の差が出始めるのがこの段階です。学校の勉強ではありませんから、参考書片手に受験勉強をするように練習しなくても良いんですが、1個でも多くコードを覚えたほうがウクレレが楽しくなることは間違いありません。コードの覚え方にはコツがあります。最初のうちは1個ずつ覚えるしかありませんが、ちょっとした方法でウクレレが上達するならやってみませんか?初心者向けの楽譜集を持っている人が多いでしょうが、メリットとデメリットがあります。
むずかしいことではありません。とっても簡単な方法ですから早速やってみてください。短時間でコードを覚えられるようになります。

コードの絵(ダイアグラム)から一日も早く離れること。

コードの押さえ方が記載されているのが初心者向けの楽譜集です。これをダイアグラム付きの楽譜と言います。初心者に親切ですぐに楽しめるのがこういった初心者向けの楽譜です。初心者の皆さんはこのダイアグラムを見ながらウクレレを弾いて楽しんでますよね。うんうん、良かった!!楽しいですよね~!でもね、果たしてその曲に出てきたコードって覚えてるんでしょうか?実はここに初心者の落とし穴が隠されているんです。記載されているダイアグラムの形を見ながら弾いていると、コードそのものを覚えていない方が多いんです。なんとなく弾けた気になって実は全然コードを覚えていないという現実。さあ、皆さんどうしますか?上達したいですか?ならばコードの絵(ダイアグラム)から1日も早く離れるしかありません。

コードを覚える練習方法

下記に2つの楽譜を用意しました。今まで皆さんが使っていた楽譜はコードダイアグラムの掲載されたものだったと思います。初心者の方にはうれしい表記なわけですが、これが上達を遅くします。多くの方はこのこーどの絵ダイアグラムを頼りに練習しています。うまく弾けるようになった気がしますが、実際には全くコードそのものを覚えておらず、コードネームを見ただけで弾けるようになっていない方が多いのが現実です。これを乗り越えるためには、コードネームだけで練習する方法がベストです。2枚目の楽譜にはコードダイアグラムを掲載していません。こちらを使って練習するようにしましょう。覚えていないコードがあればその都度確認して練習してください。また練習する際には一定の速さを保って正しいリズムで行うことが大切です。また、左手をなるべく見ずに練習を進めてください。正しい音が出ているかを耳で確認しながら行うと効果的です。左手を見ているとそれが正しいと思い込んでしまい、間違った音が出ていることに気づきにくくなります。
しかし、そうは言っても楽譜にコードダイアグラムが掲載されていますから、つい見てしまうのは仕方がありません。コードダイアグラムを付箋で隠して練習するのも一つの方法です。もうひとつは、コードネームだけを書き出して練習する方法です。このページのダウンロードからコードネームを書き込むリードシートに小節に気を付けながらコードネームを書き込んで練習してください。

 

 
 
リードシートのダウンロード
 
LinkIcon