ウクレレ道場ウクレレ道場

ウクレレ道場で練習すればいつでもどこでも好きな時に弾けてメキメキ上達! 動画を見ながら練習できるインターネット教室。楽譜・楽器情報、ウクレレミュージシャン情報などたっぷりお届けするウクレレ専門サイトです。ウクレレが初めての方の最初の一歩、独学で行き詰った方の手助け、もっと上を目指す方の道しるべ・・・それがウクレレ道場です!


 
 
 

ウクレレソロを弾くために

いきなりジェイクはBad Choice!!

 茶帯道場の門下生ともなれば、ウクレレソロを弾いてみたい気持ちが溢れているでしょう。ある程度コードも覚えたし、ウクレレがどんどん楽しくなってきたし、いよいよ憧れのジェイクに挑戦!!
いやいや、それは無理。というよりいきなりそんなことやっちゃダメです!ジェイクが有名になって以降、ジェイクに憧れてYoutubeで見よう見まねでジェイクの曲が弾けちゃうチビッ子が増えました。これは大人でも同じですね。便利な世の中ですからね、Youtubeの動画を何度も繰り返して見ながら練習できちゃう。器用な人はそれでジェイクの曲が弾けちゃったりするわけですが(それはそれで凄い事ですが)これはウクレレを弾くうえで決して良い事ではありません。
 
何が大切かって言うと、何をやっているのかをちゃんと理解しながらウクレレ弾きましょう!という事なんです。

何をやっているのかを理解するとは

 多くの独学プレーヤーは、TAB譜の数字を丸暗記しながら弾いています。Youtubeを見ながら真似しているプレーヤーは、手の形と押さえる場所を映像的に覚えて弾いています。結果このやり方で練習していると大きく欠けてしまう事が起こります。
ウクレレソロは「コードの延長線上にある」という事を理解しないまま、どんなコードを弾いているのかという意味も解らずに弾けてしまっているという現象が起こります。
結果として、丸暗記したもの以外は全く弾けない、人前で緊張して弾くと頭が真っ白になってガタガタになり(まぁ、これは誰しもあるでしょうが)一度間違うと、最初から弾かないとできないなんていう、痛々しい状況に陥ります。
 
ウクレレソロは「コードの延長線上にある」という事を理解して、今弾いているフレーズやメロディーはどのコードに属する音なのか、なぜこのポジションを使って弾いているのかを分かったうえで弾く練習が大切です。

弾きやすい楽譜から始めること

 ウクレレの楽譜も色々発売されるようになりました。このウクレレ道場がサイト運営を始めた2006年頃は、現在のようにウクレレの楽譜は多くありませんでしたが、今はものすごい数のウクレレ楽譜が発売されています。ジャンルも様々あり、JAZZ、ボサノヴァ、アニソン、童謡、キッズソング、ジブリ、J-POP、洋楽ポップス、歌謡曲、演歌、映画音楽、ニューミュージック、フォークソング、サザンオールスターズ、ユーミン、ビートルズetc・・・。
こんなに多彩なジャンルのウクレレ楽譜が発売されることになろうとは思ってもいませんでした。それだけウクレレの人気が高いという事なのですが、これはウクレレが【ハワイアン】だけの楽器ではなくなったという事でもあります。
 ウクレレは楽器として【独立】したわけですね。これはとても面白い事ですが、情報過多になりすぎて(楽譜が多すぎて・・・という意味)何を選べばよいのかわからなくなっているところもありますね。
 自分が知ってる曲が多いからとタイトルや曲名だけを見て手にした楽譜が全く手に負えない楽譜の内容で、結局は本棚の肥やしになってしまった!という方も多いんです。コレクションとしては良いのでしょうが、折角購入した楽譜なら弾けるようになりたいものです。


 
 楽譜の選び方によってウクレレの上達も違ってきます。良い楽譜に出会うことも大切ですから、楽譜の中をよく見て購入しましょう。
ウクレレソロを始める人は ①楽譜の文字が大きい、②記載されているコードの数が少ない③音符が詰まりすぎていない④知っている曲がある⑤童謡や唱歌が載っている⑥CDが付属している・・・という事を基準にして選ぶとよいでしょう。いきなりJ-POPの楽譜から購入するとかなり難しく、投げ出してしまうかもしれません。

毎日日課を行う事

 ウクレレソロが上手く弾けるようになりたいと思うならば毎日行うべきルーティンがあります。必ず練習を始めるまえにこのルーティンをこなしてください。実際にはもっとたくさんのルーティンがありますが、ここで紹介しているのは1分程度のルーティンです。これを5ラウンド行ってからソロの練習をするようにしてください。
 指トレのルーティンは運動前のストレッチ、準備運動と同じです。1日休めば取り戻すのに3日かかります。1週間休めば3週間かかります。毎日の日課であり、ウクレレソロを上手く弾きたいと願うならば日課をこなすことをお勧めします。