ウクレレ道場ウクレレ道場

ウクレレ道場で練習すればいつでもどこでも好きな時に弾けてメキメキ上達! 動画を見ながら練習できるインターネット教室。楽譜・楽器情報、ウクレレミュージシャン情報などたっぷりお届けするウクレレ専門サイトです。ウクレレが初めての方の最初の一歩、独学で行き詰った方の手助け、もっと上を目指す方の道しるべ・・・それがウクレレ道場です!


 
 
 
 
 

ウクレレのハイコードの覚え方

覚えにくいハイコード

 ハイコードって覚えにくいと思いませんか?初めてハイコードを使う人にとっては拷問のようなポジションがたくさんありますし、コード一覧表にはハイコードなんて書いてありませんから勉強しようがない、覚えようがないという方が多いんです。
弾き語り系の楽譜集にはハイコードが書いてあることはありません。誰でも気軽に弾いて歌えることが一番ですし、わざわざ弾きにくいハイコードを使って弾き語りをする必要はありませんからね。実際ハイコードを無理に使って弾くよりもローコード(開放弦を使ったCやFなどの事)のほうが心地よい響きを得られますしそれで十分楽しめるわけです。故に、ハイコードが書いてある弾き語りの楽譜って無いんですね。
 
 しかし、茶帯クラス~黒帯クラスになるとウクレレソロを弾こう!という方が増えてきます。ウクレレソロになるとローコードだけで構成されている楽譜はウクレレソロ初心者向けのものだけですし、そもそもコードダイアグラムが掲載されていませんから、多くの方はTAB譜の数字だけを頼りに弾いているのが現状です。
ハイコードを覚えていればTAB譜の数字だけに頼らず、コードを認識しながら弾けるようになってきますから演奏レベルが格段に違ってきます。

 ハイコードにはパターンがある

 さぁ、ハイコードを習得するべく頑張ろう!と思った方、ここで残念なお話があります。ウクレレのハイコードがわかりやすく掲載されているコード一覧表は一般的にありません。練習するための教材がないわけです。これは困りましたね。せっかくやる気になったのにコード一覧表が無いのではどうやって練習すればいいの?ということになってしまいます。
困りましたね・・・どうしましょう・・・。
 
ご安心を!実はコードには一定の法則があり、この法則を覚えれば自分でもハイコードを探せるようになってきます。パターンがあるということです。
このパターンを理解するためにはローコードのポジションを完全に覚えていなければいけません。すべてはローコードの延長線上にあるのです。
まだローコードを完全に覚えていない方はまずこの「覚えるべきコード」を見直ししてください。動画を見ながら確認し、動画の音声と音を聞きながらダイアグラムを見ずにコードを押さえる練習をしてください。ここで100点が出せればこの後はずいぶん楽になります。
 

音の並びのルールと音名を英語表記で理解する

コードを理解するためには音の並びのルールを知っていることが前提となります。ドレミファソラシドで読んでいた音名をABC方式の英語読みで覚えてください。チューニングするときに使っていた音の呼び名です。

これからは「ド」を「C」と読む

ドレミファソラシドはイタリア語で宗教の言葉です。そのため当然ながら宗教が違う国では一切使われることはありません。世界標準の音の名前はABCDEFGとなります。コード名はこの英語表記によって出来ています。
この読み方に慣れるようにしてください。そうするとC#とD♭が同じものであることが分かりますよね。黒鍵になっている場所はすべて#もしくは♭ということになります。ここは大変重要ですから完全に理解して次に進んでください。

この音の並びを絶対音として定義します

ドレミ読みはこの場面では完全に捨て去ってください。そしてこの絶対音をウクレレのフレット上に表示したものをじっくり見てください。音の並びが理解できます。ここでは表示の混雑を避けるために♭は記載してありません。□#と□♭が同じものであることが分かっていれば難しくありません。例えばA#はB♭と同じものであるということです。コードはすべてこの 指板上の音の組み合わせによって出来ています。
 


音の組み合わせを指板上で確認してください。同じ音が指板上に多数分布していることがわかりますか?この分布している音を組み合わせればよいわけです。この組み合わせパターンが何か所でも作れることがわかります。つまりコードの押さえ方は1種類ではなく何種類も組み合わせによって作ることができるわけです。この組み合わせをハイポジションにして作ったものをハイコードと呼んでいるわけです。理解するのには時間がかかるかもしれませんが、これがウクレレコードを覚えるための基礎になります。覚えられなくても構いませんから 【理解】をしてください。ここはまだ覚えるところではありません。

メジャー・マイナー・セブンスの基本形

ウクレレコードの基本となる3つのパターンを紹介します。このパターンこそが先ほどから出てきていた音の組み合わせパターンとなります。赤い丸印がルート音というもので、そのコードの主役となります。赤い丸の場所がウクレレのフレット上に書かれている英語表記の音名になり、この形を作ればそれがすなわちハイコードになります。この理屈がわかれば一気にたくさんのコードを覚え、自分でもコードの形をみつけられるようになります。これ以外に【m7型】【maj7型】【6型】【m7♭5型】など多数ありますが、それほど多くありません。アレコレ覚えるよりもまずは基本となる【maj型】【m型】【7型】の3つを理解し覚えてください。ここを理解できれば前項の「基本のハイコード」の事も同時にわかります。
はじめのうちはわからなくても、表示されている指板上の音とパターンを一緒に見ながら、実際のウクレレでフォームを(考えながら)作っていく(実際に音を鳴らす)と突然わかりはじめます。それまでは修行・修行!!