ウクレレ道場ウクレレ道場

ウクレレ道場で練習すればいつでもどこでも好きな時に弾けてメキメキ上達! 動画を見ながら練習できるインターネット教室。楽譜・楽器情報、ウクレレミュージシャン情報などたっぷりお届けするウクレレ専門サイトです。ウクレレが初めての方の最初の一歩、独学で行き詰った方の手助け、もっと上を目指す方の道しるべ・・・それがウクレレ道場です!


 
 
 

ギターとウクレレのコード

ギターの楽譜でも弾ける

今日はお便りを戴いた高校生(かな?)のWEB受講生のSさんからの質問がありましたので、この場でお答えしようと思います。実にいい質問ですので、皆さんにも参考になりますよ!


【Sさんから質問】
初めまして。こんにちは。私は音楽部に入り、ウクレレを含んだバンドを組もうと考えています。そこで、J-POPなどをやりたいなと考えています。しかし、ギターの楽譜が多いので、自分で書き換えようと思うのですが…ギターのコードとウクレレのコードの違いがよくわかりません。もし、書き換えが分かるようなサイトや本がありましたら、ぜひ教えてください。


そうなんですよね、ウクレレの楽譜は多いようで意外と少ないんです。でも、ギターの楽譜やコード譜はたくさんあります。この楽曲をやりたいけど、ウクレレ用のコード譜がない~!!というかたがたくさんいらっしゃるはずです。そこで、今回はこの「ギターのコード」と「ウクレレのコード」についてお教えします。

 
 
 
コードネームはウクレレもギターも同じなので、楽譜に記載されているコードをウクレレで弾いてください。ギターの楽譜の場合見たことが無いようなコードネームが記載されている場合があります。例えばC/Gというような表記です。これはCのコードを鳴らしているときにG音(ソ)のベース音を加えなさいという意味なんですが、元々ウクレレには低音弦がないので後ろに書いてあるGの音は無視しても構いません。中にはウクレレで同じような表記で書いてある楽譜もあります。例えばDm7/Gというコードです。これに関してはウクレレでも押さえ方があり、実際に使いますから覚えておきましょう。

ギターの楽譜を使う際の注意

ということで、なんだか難しそうなことを書いてしまいましたが、コード弾きする限りにおいて、ギター用のコードをそのままウクレレに使用しても何ら問題なく、そのまま弾くことが出来る!というわけです。
しかし、ここで注意があります。ギター用のコードはウクレレのコードに比べて#(シャープ)やフラット(♭)がたくさん出てきます。もちろん、ウクレレでも当然ながら#(シャープ)やフラット(♭)を弾けるわけですがかなり難しくなってくることも多々あるはずです。
特に最近のJ-POPは、複雑なコードが多々出てくる楽曲が多く、あまりウクレレに向いているとは言えません。特に初心者にはこの#(シャープ)やフラット(♭)が大きな壁になるはずです。そういった場合、どうするか・・・・。ウクレレで弾きやすいように「楽曲のキーを変える」という方法を取ります。例えばB♭の楽曲を1音あげて、Cに変調して弾くというようなやりかたです。もしもバンドでこの方法を取るならば、当然ながら他のギターやベース、キーボードにボーカル全員がこのキーに合わせる必要があるわけです。
 
ウクレレを基本にしてバンド全体がそのキーに合わせてもらわなきゃ難しいってことです。そうでなければ、ウクレレのほうがバンドのメンバーに合わせて弾くしかないですね。そのためには、#(シャープ)やフラット(♭)のついたコードも一生懸命練習するしかないんですけど、元々ウクレレはCを基調にした楽器なのでいささか無理が出てくることは否めません。バンドのメンバーに相談して、ウクレレのキーに合わせてもらうようにするのがいいですね!Sさん、ぜひ頑張ってください!!
 

ほかの楽器に負けない音作り

ウクレレの音量は生音ではほかの楽器にかないません。ウクレレの音を会場に届けるためにはマイクやピックアップを使って音量を大きくすることも必要です。茶帯クラスになるとステージに立つことやオープンマイクに参加することも出てくるでしょう。演奏するだけではなくそういった対応や知識も大切ですね!
 
これについては『昇段・昇級のために』をご覧ください。