ウクレレ道場ウクレレ道場

ウクレレ道場で練習すればいつでもどこでも好きな時に弾けてメキメキ上達! 動画を見ながら練習できるインターネット教室。楽譜・楽器情報、ウクレレミュージシャン情報などたっぷりお届けするウクレレ専門サイトです。ウクレレが初めての方の最初の一歩、独学で行き詰った方の手助け、もっと上を目指す方の道しるべ・・・それがウクレレ道場です!


 
 
 
 
 
 
 

ウクレレでブルース

ブルースってどんな音楽?

 ブルースコード進行というものがあります。使うコードは基本として3つだけですからすぐに出来ます。しかし奥行はどこまでも深く簡単に出来るわけではありませんが、入り口として学んでください。これからのウクレレライフに大きな影響を与えてくれます。では、始める前に少しだけ「ブルース」について説明します。
 
 ブルース(Blues)は、元々黒人音楽がルーツです。いわゆる奴隷時代にさかのぼるわけですが、当時の黒人の皆さんが自分の人生や暮らしを哀れみ、歌(労働歌)にしたのがはじまりと言われていますが、20世紀以降のポピュラー音楽に幅広く影響を与えた音楽のジャンルのひとつで、ジャズやロックンロールのルーツのひとつとしても知られています。ブルースの基本的な構成として、12小節形式 (ブルース形式)が多く、シンプルな構成で、基本的な音楽パターンであるため、ミュージシャンが初顔合わせの時などにジャムセッションをやったりするときによく用いられます。
 日本の昭和の音楽で「〇〇ブルース」というのがよくあります。淡谷のりこさんや青江三奈さんが歌っていたような、港や土地の名前を入れた演歌調の楽曲ですが、これらは今から説明するブルースとはまったく違います。日本では「哀愁歌(哀しい雰囲気でムードのある歌謡曲)」のことをエレジーとかブルースと呼んでいました。そのためか、「ブルース」と聞くと淡谷のりこさんや青江三奈さんの曲を思い出し、「いや・・・それはちょっと興味がないんで・・・」と引いてしまう人もいますが、ここで教えるブルースは、「黒人音楽をルーツとする」ブルースです。

ブルースコード進行

 下記がブルースの基本コード進行表ですから、動画を見ながら弾いてみてください。なんとなく格好良く、渋い感じがします。本来はギターでやると深みがあるのですが、なんせウクレレは「南国生まれ」の明るい楽器ですから、黒人音楽のような「渋さ」や「深み」を出すのはなかなか難しいですが、雰囲気は出ます。またブルーススケール(ここでは深くはお教えしてませんが)が出来る人がいれば、2人で即興でブルースセッションをすることも出来るようになりますから、ウクレレ演奏の幅が広がってとても楽しいですよ。また、この動画ではウクレレブルースの様々なスタイルを収録しました。すべてAのブルースです。12小節・3コードの進行・シャッフルのリズムを使って自由な練習ををやってみましょう。今まで知らなかったウクレレの楽しさがわかります!