ウクレレ道場ウクレレ道場

ウクレレ道場で練習すればいつでもどこでも好きな時に弾けてメキメキ上達! 動画を見ながら練習できるインターネット教室。楽譜・楽器情報、ウクレレミュージシャン情報などたっぷりお届けするウクレレ専門サイトです。ウクレレが初めての方の最初の一歩、独学で行き詰った方の手助け、もっと上を目指す方の道しるべ・・・それがウクレレ道場です!


 
 

 

Cメジャースケールを覚える

Cメジャースケール

 ウクレレを弾き始めて半年・・・。何となくコードは覚えたから弾き語りはそれなりに楽しくできるようになった。ウクレレソロもTAB譜を見ながらやればうまくはないけどなんとなく弾けてる気がする。でもここから何をしたら上手くなるのか?何を覚えたらもっと楽しくなるのか?そんなことを考えている方のための練習はCメジャースケールの習得です。
 
Cメジャースケールとは何なのか?簡単に言ってしまえばドレミファソラシドの事です。
なーんだ、そんなことか?何でわざわざそんな事を説明してるの?と思われた方も多いはず。Cメジャースケールを舐めちゃいけません。これをわかっているのとわかっていないのでは雲泥の差、ホンダカブとポルシェの差、近所のおじさんと福山雅治の差くらい違いますからね。ここはひとつじっくり読んで勉強してみて下さい。福山雅治になれるかもしれません。
 

わけが分からなくても覚える

 これがCメジャースケールのポジションです。覚えるしかありません。ゆっくりウクレレを手にして弾いていくとこれがドレミファソラシドの場所だという事がわかってきます。あわてず丁寧にならしてください。白い〇はすべて「ド」の場所です。High-Gの方は1~3弦で練習してください。Low-Gの方は1~4弦全てです。
 

ドレミが弾けずにソロは厳しい

 さあ、どうでしょう?ドレミなんて簡単だと言っていた方も、1フレットから3フレットまでのドレミなら弾けたけど、それ以上のフレットでドレミが弾けましたか?大半の方がこれが出来なかったのではありませんか?
 初心者レベルのウクレレソロなら1~3フレットあたりのポジションでウクレレソロの楽譜はアレンジされていますが、中級者以上の方が手にする楽譜では4フレット以上の場所を使って弾いているはずです。Ckeyの楽譜を出してこのCメジャースケールと見比べてください。ほとんどのポジションがこのCメジャースケール上で弾いていることがわかるはずです。Cメジャースケールから外れている場所を弾いているとき、そこには#なり♭の記号が五線譜上に記載されていませんか?
 つまりこれは、ピアノで言えば白い鍵盤を鳴らしている状態で、いわゆる「ハ長調」の楽譜を弾いているという事になるわけです。そして特定の場所に#なり♭が記載されていて、その場所のコードが「7th」になっていませんか?この「7th」になっている場所が、前に出てきたセカンダリードミナントになっているわけです。
かなり頭の痛い話になってきましたから、文書で説明するのは難しいのですが、皆さんが弾いている楽譜で五線譜の頭の部分に#も♭もついていない楽譜ならばこのCメジャースケールが使われているという事になります。
 なんとなくウクレレソロが弾けている方はこのCメジャースケールをしっかり見直ししてください。音楽は勝手気ままなルールで出来ているわけではなく、あるべき姿の自然のルールの中で形成されていることがわかるようになってきます。


考えてみよう

 頭が痛くなってしまった方は【Cメジャースケール】と【トニック】【サブドミナント】【ドミナント】および【セカンダリードミナント】を見比べてください。
 
①【トニック】【サブドミナント】【ドミナント】はすべて押さえたときのポジションが【Cメジャースケールと重なっているのがわかりますか?
 
②【セカンダリードミナント】は押さえたときのポジションが【Cメジャースケール】と外れたポジションを使っている事がわかりますか?
 
※この段階で出てきたコードの押さえ方が分からない方はまだ黒帯には無理があります。もう一度【青帯】まで戻ってコードを完全暗記してください。

 

スケールとコード・ソロは密接な関係にある

 少し意味がわかりましたか?かなり難しい話になりましたが、これが黒帯レベルの方が習得する内容のスタート地点です。今までウクレレソロが見よう見まねで弾けた方ももう一度踏みとどまって勉強してください。多くの方がTAB譜の数字を追って弾いていただけのはずです。結局何を弾いているのか、どこを弾いているのか、なぜその場所を押さえているのかが全く分からずに弾いているのが現実です。
 プロのミュージシャンでドレミファソラシドが弾けない人なんていません。ミュージシャンの方々の中には、音楽の理論を学ばずに音の感覚だけで弾いている人もいますが、ちゃんと音の配置をわかって弾いています。

 ウクレレのコードを弾いているときにもこのスケールの上を弾いているわけでして、無軌道にスケール以外の音が出て来るなんてことはありません。ウクレレソロはコードの延長線上にある、そしてそれはスケールの音階と密接な関係にある事を覚えておきましょう。
 ここから先の事は独学では無理かもしれません。出来れば先生についてしっかり学んだほうが良いでしょう。ウクレレのスケールを完全に覚えないまでも、自分は何を弾いているのか、どんなスケールを使っているのかが分かっている事が重要です。

スケールをビジュアル化して、分解する

下記のイラストはスケールを15フレットまで設定し、さらにブロック分けしてあるものです。6つのブロックに分けてありますが、この6ブロックが重要です。指の流れがスムーズに動くポジションで分けてあります。各ブロックごとに運指トレーニングを行うと良いでしょう。この練習は指のルールを守らなければ意味がありません。間違っても指一本で弾くような練習をしてはいけません。
下の図で1~3ブロックを参考までに抽出してあります。この3ブロックを練習するだけでも8フレットまでカバーされていますから毎日行えばかなり違います。
※High-Gの方は1~3弦、Low-Gの方は4弦も含めて練習してください。地道な練習が必要です。メトロノームと向き合って行いましょう。

Cメジャースケールの練習方法

①ブロック分けしたポジションをメトロノームに合わせて淡々と練習する。ひたすら淡々と・・・。 

②Cメジャーのキーの3コードの楽曲に合わせてポジションを淡々と練習する。この際オリジナルのメロディーに関係なくスケール練習をする。慣れてきたら自分のアドリブで気持ちよくなるまで伴奏に合わせて弾く。
 
③コードが6個程度入ったCキーの楽曲に合わせてスケール練習をする。慣れてきたらG7以外のセブンスの箇所(つまりセカンダリードミナント)に気を付けて、あえてそのコードの箇所だけスケール以外の音を入れる練習をしてみる。ここで言うスケール以外の音とは、そのコードを押さえた際にCメジャースケールからはみ出している音の事。

 ③の一例

図①はCメジャースケールの1stポジションです。このポジションから③の事を解説してみます。理解が出来たら他のセカンダリードミナントコードを当てはめて考えてみてください。ローコードだけではなく、ハイコード、ハイポジションまで考えてください。

図②はCメジャースケールの上にE7のコードポジションを重ねたものです。4弦1フレットの音だけがスケールからはみ出しています。この音がこのコードの特徴的な音です。楽曲内でE7が使われている箇所のみ 4弦1フレットの【G#音(ソ#)】を使うことが出来ると理解してください。他のコードで使うと心地よく聞こえません。この音をうまく使いこなせるようになるとソロの技術、アドリブの技術が目に見えて向上します。